スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ☆AI'S ORERA NOTE☆オペラ史と歌唱法♪声域の解説

ヤフカテ(ヤフーカテゴリー)>エンターテイメント

AI'S ORERA NOTEはこちら

オペラのAI'S ORERA NOTEというサイトがある。


管理人は加藤愛さん。オペラの歴史や歌唱法、声域を中心に解説をしている。

オペラのコンサートにも出演されていて、オペラの知識だけに留まらず、卓越した技術をオペラファンの前で披露している。

うたのQ%Aコーナーもあり、オペラに関する発声法などを掲示板形式でレクチャーしている。


オペラとは

オペラとは、単独で歌う楽曲や演劇のことをいう。

オペラが始めて登場したのは16世紀のルネサンス時代である。

ヤコポペーリという人の”ダフネ”が最古の作品とされている。

現在演じられている最古のオペラはオルフェオという楽曲で、ラウディオ・モンテヴェルディが作曲をした。

モンテヴェルディはヴェネツィアに作られたオペラ演劇場のために、より洗練されたオペラ作品を次々に生み出していった。

16世紀後半にはオペラの上演がイタリア全土で上演され、18世紀後半にかけてナポリでその地位を極めたのである。

その当時には、オペラの形式を歌謡的な傾向も強まり、音響などの演出も派はでやかなものとなっていった。オペラは王室貴族やお金持ちの娯楽として、社交界でも脚光を浴びることとなる。

オペラセリア

オペラはその主な演目をギリシャの悲劇に模っていた。後に正歌劇(オペラセリア)と呼ばれるようになっていった。

オペラブッファ

喜劇を表したオペラブッファがある。一般大衆的な作品で、劇と劇の間に演じられた今でいうお笑い(喜劇)が独立したものである。モーツァルト作曲のフィガロの結婚、ドンジョヴァンニ、ゴジファントゥッテなどが有名な作品である。

19世紀のドニゼッティの頃まで続き、王族やお金持ちのために作られたオペラセリアに対抗する形で、オペラブッファは一般庶民の人気を得ていった。

オペラ改革

18世紀には本場イタリアで、その当時人気のあったオペラ歌手のカストラートをはじめ、オペラ歌手の歌法を嘲笑するような作品が増えていった。それにより旺盛を極めたオペラは衰退の呈をていしていった。

グルックというドイツ出身のオペラ演出家がいた。彼はオペラは歌手の技量を表す舞台ではなく、オペラそのものを引き立たせるために歌手がいるという、古き良き概念にオペラを立ち返らせた。

彼はオーストリアとパリで活躍した。アウリスのイフィゲニアというパリ時代に作った作品が有名である。

オペラにはイタリアオペラとドイツオペラがある。イタリアの作品が正統派作品とされた。多くの有名なオペラ作者はどちらかのオペラを書くという偏りをみせたいた。

ドイツ語オペラで有名なのは、シュッツのダフネという楽曲である。

17世紀のドイツのハンブルクに公のオペラハウスがされ、ここでは多くのドイツ人作曲家の楽曲が演ぜられた。有名なのはテレマンという作曲家である。勿論モーツァルトも著名さ作曲家の一人に挙げられる。

しかし、ドイツ語オペラ有名にしたのは、ヴェーバーというロマン派の作曲家である。魔弾の射手やオベロンという作品は、セリアやブッファとも質を異にするロマンティックオペラの特質を表現していた。

その後、フランスオペラ、ロマン派オペラの終焉と続き、近代オペラへと引き継がれていく。また、ロシアオペラなどもある。





スポンサーサイト
プロフィール

マークン

Author:マークン
マークンです。
ようこそヤフカテナビゲーションへ!

毎日、ヤフカテの中から生活に役立つサイトやお宝サイトをご紹介しますね。

栃木県在住で昭和生まれ。カレーライスが大好きです。あとワンちゃんも。

Yahooカテゴリーには、本当に役に立つサイトが埋もれています。

皆さんが思うだろう”こういうの探してたんだよ!!”というサイトを探してご紹介します。では、行ってきま~す。

ブログ内検索
QRコード
QRコード
RSSフィード
Yahooカテゴリー
ヤフカテTOPリンク
最近の記事
お問い合わせ
ヤフカテ専用
online
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。